2種類の違いを調べよう

それぞれに必要な免許の種類

理容店で働く場合の免許

理容店で働く際は、理容師の免許が必要になります。
美容師の免許だけを持っている人は、どんなに経験が長くても理容店で働くことはできません。
免許を取得するためには、試験に合格する必要があります。
試験内容も、理容師免許か美容師免許かによって異なります。
理容師免許の試験内容は、髪の毛のカット、髭剃り、整髪になっています。

見た目を整える技術が、重要視されていることが分かりますね。
それが、理容師の得意なことです。
オシャレな髪形を作ることは、苦手だと感じている理容師が多いことを忘れないでください。
経験の長い理容師に流行りの髪形を作ってほしいと依頼しても、上手くできないことが多いです。
その際はきちんと、美容師に任せましょう。

理容師免許の試験内容

理容師免許の試験を受ける時に出される内容は、まず髪の毛のカットです。
これは理容師免許の試験と同じですね。
しかし次からが異なります。
理容師免許の場合は、ワインディングと呼ばれる作業をチェックされます。
それは髪の毛にパーマを当てる時に使う作業です。

他にもオールウェーブセッティングと呼ばれる作業が完璧にできないと、試験に合格することはできません。
特殊なクリームやローションを使って、髪の毛を整える作業になります。
ワインディングもオールウェーブセッティングも、オシャレなヘアスタイルを作る時に欠かせない作業です。
試験内容からも、美容店は美容に関することができると分かりますね。
よく理解して、ふさわしいお店を探してください。